Windows®11との互換性 詳細はこちら

新車、消費者向けエレクトロニクスや電化製品を購入する際、製品色は品質にも影響する重要な要素です。例えば、製品の前と後ろの色が違っていれば、品質自体も疑われることでしょう。そのような心配は、正確な測色により解決します。 今日の競合市場において、メーカーは常にスキルアップを目指し、特殊効果のある仕上げを用いて製品の差別化を行っています。一方、特殊効果のある仕上げを特徴付けたり、隣接するパーツ部品と一貫性を保つためには、測色だけでは不十分であることが認識されています。 自動車産業では新車の約70%がパール系、シラリックなどのエフェクト顔料を特殊効果の仕上げに採用しています。これらのマテリアルの特性を正確に把握するためには、単なる測色だけでは不十分です。バンパーや車体パネルなど、隣接するパーツとの一貫性も確保することが必要となります。 色彩、粒子輝度感、粒子感を特徴付ける新しい MA-T 多角度分光測色計シリーズは、特殊効果のある仕様をグローバルで設定、共有、確保します。 MA-T へのアップグレード MA-T シリーズの多角度分光測色計は、特殊効果のある色材管理の指標設定を行...

Posted October 25, 2017 by Thomas Meeker