在庫の削減。調色作業をスピードアップ。

印刷とパッケージ コンバーター市場では、標準化された工程を重視し、コスト削減、品質改善や、生産性の向上がますます重視されています。一方、インキルームは標準化された工程において見落としやすい要素です。インキを管理し、納入品の品質とインキ調色の精度を確認することは、良好なカラー品質に不可欠な点です。インキ仕様に対応できなければ、作業の標準化は無意味なものになってしまいます。

デジタルカラー管理と業界トップクラスの装置を用いてワークフロー全体を統合することで、色の要求に的確に、素早く対応することができます。従属カラースタンダードとベストプラクティス方針を導入することで、承認サイクルの短縮、品質条件への適合、正確なインキ調色、印刷機の修正作業を削減。さらには、残肉インキの使用により、全体的なコスト削減につながります。

エックスライト製品は、用途に合わせてインキ ソリューションをカスタマイズ:

調色:

基材、インキ量、残肉インキの再利用を考慮しながら、正確な配合色を迅速に確保するには、用途に適した調色ツールを使用することが重要です。エックスライト社の調色ソリューションを用いて、的確なカラーマッチ、インキ配合と基礎データの管理、一貫した色再現、基礎材料処理の改善、有害廃棄物やインキの在庫削減を図ります。

  • InkFormulation(インキフォーミュレーション)ソフトウェア:

    InkFormulation(インキフォーミュレーション)ソフトウェアはフィードバック式のカラーワークフローをサポート。サプライヤー、印刷業者、パッケージ コンバーター向けに、柔軟な配合/基礎データの管理機能を提供し、基礎材料の処理を向上。正しいインキフィルム膜厚の定義を簡素化し、有害廃棄物を取り除きます。さらには残インキおよび印刷機の再利用を簡素化し、インキ在庫を削減します。
  • PantoneLIVE:

    生産工程全体においてカラースタンダードを的確に指定/コミュニケーション。基材、印刷技術、インキタイプを問わず、正確で繰り返し精度の高い色を出力します。

品質管理:

状況に応じたカスタムツールを用いて、サプライチェーン全体に一貫した色を確保することが重要です。エックスライト社は、業界トップクラスの品質管理ソフトウェア/ハードウェアを提供。世界各地に広がるワークフローにおいて、色を測定/管理/評価します。

  • eXact(イグザクト)アドバンス:

    eXact(イグザクト)アドバンスは、CMYK 色とスポットカラーインキを検証し、4 つの M モードを同時に測定可能です。基材やインキの分光反射率を再現、特定のインキ濃度を測定、さらに基材やインキのオーバーホワイトとオーバーブラックの差を測定します。
  • ColorCert(カラーサート):

    インキのカラー品質を作成されたジョブに基づいて評価します。印刷機から、評価用・再配合用の測定データを InkFormulation(インキフォーミュレーション)ソフトウェアに送信。インキルームの品質保証に使用。

参考資料

Looking for great tips to be more successful from ink room to pressroom? This 30-minute webinar will show you how.

This whitepaper outlines an ideal digital workflow to help ink rooms formulate in fewer steps with less waste for a sustainable and cost-effective process.

Investments in current color management instrumentation, processes and procedures are critical to the future success of printing businesses. This whitepaper explains why.

お問い合わせ/見積もりの依頼/ お問い合わせ  (888) 800-9580