印刷用濃度計

印刷の工程管理にはそれぞれ段階があります。目視比較は、色が一致しているかどうかの簡易な判断を行いますが、主観的な判断になりがちで、正確性・精度に欠ける場合がほとんどです。エックスライト社の濃度計は、CMYK の濃度管理に適した製品です。下記から濃度計を選択してください。またはこちらからお問い合わせください。皆様の使用に適した濃度計をご紹介します。

X-Rite eXact Basic Plus, X-Rite Densitometer, Densitometer for Printing

eXact ベーシックプラス

合否判定機能が備わった濃度計


プレスルームにおいて CMYK の全要素を測定できる装置をお探しですか?eXact ベーシックプラスは、カラーとパッチタイプを自動的に認識。濃度測定値を基準色と比較し、合否判定を行います。eXact ベーシックプラスは作業の効率性を高め、測定時間の短縮と精度の向上を図ります。

eXact Basic Densitometer

eXact ベーシック

CMYK ジョブ対象の濃度計


印刷機の濃度を簡単に測定できる装置をお探しですか?CMYK ジョブ専用の eXact ベーシック濃度計は、作業全体において正確な色を確保および維持します。eXact ベーシックは視覚的な試行錯誤によるエラーを削減し、実情を正しく反映した色管理により、精度と一貫性を向上します。

印刷濃度とは?

「濃度」は印刷特性の基本的な測定値です。「反射濃度」は、基材(用紙、フィルム等)やインキから反射される光量を計算した値です。インキフィルムの膜厚やインキ濃度の変動を簡単に評価できる方法です。インキ膜厚・濃度が増加するにつれ、光がより吸収され、また反射光が低下するため、装置は暗い外観を高い濃度として出力します。

濃度計は何に使用しますか?

反射濃度計は、赤、緑、青のフィルターを用いて測色を行います。これは色分解に使用するものと似ており、フィードバックを実用的な数値で出力します。濃度計は、ベタインキ濃度、ドットゲイン、インキトラップなど、印刷機の各特性の変動を測定します。

濃度計と分光測色計は同じですか?

濃度計は測色を行いません。搭載フィルターによって調和色が暗く見えるため、濃度計は「白黒」で判断する装置と言われています。

濃度計は必要でしょうか?

印刷機のわずかな変動でも、印刷特性に影響してしまいます。濃度計は、これらの印刷特性に対するフィードバックを実用的な数値で出力します。

  • インキ濃度の変動は、適用されたインキフィルム膜厚・量の変化に依存。
  • ドットゲインの変動は、打圧力またはブランケットやパッキングの状況が変化した場合に発生。
  • インキトラップは残インキを用いて、基材にどの程度インキが転送するかを表示。

濃度計を用いて印刷特性を監視することは、良好なプロセスコントロールの基盤となり、一貫した画像とグラフィックの再現につながります。
正確な出力を行うには、濃度計のキャリブレーションを定期的に行ってください。

濃度測定とは?

「濃度」は色ではありません。濃度は、色の明るさや暗さを表すもので、色が正確であるかどうかは判定しません。濃度計は2つの方法で測定を行い、印刷濃度を管理する装置です。

1 - 4色プロセスコントロールは、一般的な濃度計で管理可能

インキ顔料は常に、オフセット印刷機上で一貫しています。濃度の変動は、インキフィルム膜厚の変動により発生します。フレキソ印刷機では、インキ濃度によってインキ量が変化します。エクステンダーや湿し水をフレキソインキに追加することで、基材に転送されるインキ顔料が減少し、低い濃度値の薄い色になります。フレキソインキの濃度は、インキの蒸発により増加し、高い濃度として出力されます。シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックのベタインキ濃度値を使用し、インキフィルムの膜厚・濃度を常にチェックまた修正することが、印刷機を管理するための最善の方法です。

  • 階調値/ドットゲインとは、プリントスクリーンのアミ点測定値および、%で表現されたベタインキ濃度を表します。ドットゲイン(TVI)は階調値とも呼びます。ドットゲインは、印刷階調値と既存のファイルとの階調値の差を表します。CMYK 階調値は通常 16% から 22% と、 印刷工程や印刷機のキャリブレーション手順によって異なります。
  • インキトラップ/トラッピングは、ウェットインキや残インキが基材にどの程度転送するかを表します。  トラップ測定は、オーバープリント色の色変動を予測します。一方、印刷機の状態により、良好なインキトラップを実現することが難しい場合があります。印刷機の変動はインキトラップに影響しますが、印刷機の速度や乾燥機の設定など作業員が制御可能な要素があります。インキトラップは、オフセット印刷機やインキフィルム膜厚にも影響を受けます。一方、オフセットインキに指定されたインキトラップなど、作業員が変更不可能な要素もあります。そのような状況においては、インキサプライヤー先でインキに添加剤を追加・編集したり、異なるトラップ特性を持つインキシステムに切り替えるケースがあります。
  • 「フラット(プリントコントラスト値が低い)」や「ページから飛び出る(プリントコントラスト値が高い)」などのプリントコントラスト値は、客観的なプリント品質の評価と一致します。プリントコントラスト値は、インキフィルム膜厚(濃度)によって変化する中間調のドットゲインと比べ、シャドーのディテールを維持するための高い濃度と鮮明な印刷が必要です。印刷時には、適切なインキや水分のバランスを維持するための基準として使用します。またコントラストの劣化は、ブランケットを洗浄する必要があることを表します。

eXact Basic(イグザクト・ベーシック) は、4色プロセスの濃度プロセスコントロールを行う、一般的な濃度計です。

2 - 高度な濃度計を必要とするスポットインキのプロセス管理

フィルターが搭載された通常の濃度計は、プロセスインキの各色に最適化されています。一方、この搭載フィルターはスポットインキ色に適していません。通常のフィルターセットを使用した濃度計でスポットカラーを測定した場合、フィルターが自動的に選択されます。スポットカラーの階調値(SCTV)は、スポットカラーインキ(ISO 20654:2017)のドットゲインを計算します。この方法では分光反射率を使用し、用紙(0%)およびベタインキ(100%)間における階調値を出力します。通常の濃度計でこれらの値を計算できない理由は、SCTV 階調値が CMYK 階調値と異なるためです。

スポットインキ色の濃度を測定するには、濃度計 eXact Basic Plus(イグザクト・ベーシックプラス)または eXact 分光測色計を使用し、インキに最適な分光波長においてスポットカラーを測定します。

適した濃度計を選択するには?

弊社のブログでは、濃度測定に関する情報をご覧いただけます。または、弊社までお問い合わせください。皆様の用途に適した濃度計をご紹介します。