ワンランクアップのデザイン

自動車デザインの分野では、競争優位性を維持するために、複雑かつ斬新的な新素材の導入が必要とされています。それらの素材はホイル、金型、ビロードのようなマイクロファイバー、プラスチック各種、特殊仕上げ塗装など様々です。自動車の内装・外装の素材を問わず、デザインを市場進出前にビジュアル表現することが成功の秘訣です。

ビジュアル表現が正確でない場合はどうなるでしょう?間違った判断、そして製品の承認やマーケティングの開発プランの遅延につながってしまいます。エックスライト社の革新的な色と外観のツールは、基材の測定方法を再考案し、製品デザイン、マーケティング、仕様の作成に斬新な方法を取り入れます。曖昧さを排除、色と外観の調整作業を短縮し、素材の精度と一貫性を重視します。

カスタマイズが可能なエックスライト社の自動車デザイン向けソリューション:

デザイン

自動車デザインの色を忠実にコミュニケーションするには、クリエイティブな目標をビジュアル表現することが重要です。適切なツールを使用すれば、正確かつ一貫したデザイン表現が可能となり、最終承認作業を迅速化することができます。 

  • TAC7(タック・セブン)スキャナー:

    デジタル形式の素材サンプルの外観を正確に測定し、曖昧さを排除することで、製品の品質全体を向上します。
  • MA-T12(エムエーティー・トゥエルヴ):

    塗装パネルから全体的な外観をデジタル化。カラートラベルと粒子輝度感のあるエフェクト顔料を考慮し、測定作業を簡素化します。
  • MetaVue Vs3200(メタビュー VS3200):

    内装トリムに使用されるレザーやテキスタイル生地の外観属性を再現。柔軟性に優れた製品です。
  • PANTORA(パントラ):

    AxF(アピアランス・エクスチェンジ・フォーマット)を用いて、現物サンプルをデジタルサンプルに変換。各現場にサンプルをわざわざ送付する必要ががなくなり、最終デザインの承認を迅速に処理します。

仕様:

プラスチック、金属、テキスタイル、レザーなどの素材にデザインコンセプトが忠実に反映されていることを確認するため、上記の測定装置を検証することが必要です。エックスライト社の測色ツールは、選択された色が実現可能であることを確認し、曖昧なカラーコミュニケーションを排除します。

  • MA-T6(エムエーティー・ティーシックス):

    デザインコンセプトを検証し、特殊効果の高い仕上げの自動車に対応。輝度感と粒子感に対する、忠実な色の特徴を測定します。Ci64(シーアイ 64):各素材の色変動を認識し、信頼のおける精密なカラーデータを収集。さらなる承認作業が不要です。
  • Ci7800(シーアイ 7800):

    色が重要な、ガラスなどの半透明基材のデータ値をコミュニケーション、共有、コーディネートし、やり直し作業と無駄を排除します。
  • SpectraLight QC(スペクトラライト・キューシー):

    サンプルの素材色をあらゆる照明下において評価し、製品のデザインと一貫性を向上します。

参考資料

Learn how to capture, store, edit, and communicate complex material characteristics, like automotive paint, throughout the digital design workflow using digital appearance data.

AxF™ は、PLM、CADなどの再現用アプリケーションで基材外観のデジタルデータを保存および共有します。

色の目視評価は、全ての業界と製品に不可欠です。