Windows®11との互換性 詳細はこちら
テキスタイル

エックスライト社では、色と品質の関係が製品にもたらす重要性を把握しています。正確で一貫した色は事業の成功につながる要素です。弊社はアートとカラーサイエンスを兼ね備えた専門知識を用いて、最高品質の製品を提供します。 

トップクラスの製品

色の問題は様々な段階で発生するため、どのように管理するべきかを判断するのは困難です。弊社はそんなお悩みを解決します。

フィードバック式ソリューション

フィードバック式ソリューション
デザインから生産まで、ワークフロー全体において色の最適化を図ります。

革新性

革新的
色と外観のギャップを排除し、プロが求めるワンランクアップの編集作業をサポートします。

経験

豊富な経験
カラーメーカーとしての 60 年を超える弊社の経験を活かし、印刷&パッケージ、ペイント&塗料、食品&飲料、服飾、家電製品、化粧品、装飾品、建築に至る様々な業界を対象に専門チームがお手伝いいたします。

情熱

カラーに対する情熱
エックスライト社の専門チームは、高品質なサポートとトレーニングを提供します。 

プラスチック

弊社のブランド 

革新的な発明と事業拡大により、PANTONE®、グレタグマクベス、マンセルカラーを含む色の専門知識を強化。  エックスライト社の完全トータルサービスは、パッケージ、服飾、靴、電子機器、化粧品、装飾、塗料、食品、飲料、建築を含む多様な消費者向け製品を対象としています。ダナハー企業ブランドに伴い、忠実な色を確保する製品とサービスをセットにしたパッケージ製品をお届けします。 

Pantone世界のカラーエキスパートとして知られるパントン社は、多様な業界における的確なカラー選択とコミュニケーションをサポートするシステム/テクノロジーを提供。

マンセルマンセル製品は、パレットのデザイン、製品製造、カラー分析などに対し、色理論を実際の行動に移す作業をサポート。

マクベス標準光源マクベス標準光源装置は目視評価の業界標準製品として認知されており、世界の有名ブランドに対する重要なカラーの判断に指定されています。マクベスは、2006 年にエックスライト社と統合。

社歴 

エックスライト社はサプライチェーンにおける色を改善するために、1958 年に結果をデータで証明することを重視する科学者達によって創立された起業です。弊社は常に改善を図り、斬新な製品開発に挑むことで、お客様に高品質な製品とサービスを誇りを持ってお届けしています。

  • エックスライト社の製品ロゴ

    1958

    リア・シーグラー社の社員7人が、フォーサイト・エンタープライズ社を起業。最初の発明品として「X線マーキング テープ」を発表。社名をエックスライトに変更。

  • PANTONE カラーマッチングシステム

    1963

    Pantoneパントン社は、カラーコミュニケーションを行う業界基準を設定した「PANTONE マッチングシステム®」 を発売。

  • 1973

    エックスライト社は、X線フィルム用のシルバー リカバリー機器を発表。映像と写真分野における製品層を拡張。

    シルバー リカバリー システム
  • 1975

    白黒フィルムを測定する透過濃度計「X-Rite 301」を発表。「X-Rite 301」により、品質管理の製品分野を重視し始める。

    301
  • 1980 年代

    エックスライト社は、グラフィックアーツを含む新しい業界に進出。革新的なポータブル品質管理テクノロジーにより知名度が高まる。X-Rite 400 シリーズ製品が、プレスルームにおけるハンドヘルド測定の業界基準を設立。

  • MA-58

    1990 年代

    エックスライト社は、ポータブル分光測色計「968」および「MA-58」の開発により、品質管理技術の飛躍的進歩を図る。

    調色分野に焦点を置く。エックスライト社は、ペイントマスター® を自動車産業向けに発表。DYI の人気に伴い、消費者のペイントカラーに対する要望に応える「マッチライト®」 ソリューションを開発。

    エックスライト社初のプレスルーム向けスキャニングソリューション「ATS」は、商業印刷向けにオートメーションを提供。

  • 2000 年代

    マクベスエックスライト社は 2006 年に競合メーカーのグレタグマクベス社と合併。2007 年にはパントン社との統合により、世界をリードするカラーメーカーとしてを飛躍。

    この事業統合により、エックスライト社のポータブル装置、グレタグ社/マクベス社の100 年以上に及ぶベンチトップ式のイメージング・照明装置、マンセルのカラーサイエンス、そしてパントン社のカラーインスピレーションとデザインに関するそれぞれの専門知識を一体化。

    PantoneLIVE ロゴ

    注目され始めたデジタルコミュニケーションと接続性の動向が、製品開発に影響を与える。エックスライト社は 2009 年に CxFファイル形式を発表。2012 年にはクラウドベースのカラーマネージメント製品「PantoneLIVE™(パントンライブ)」を発表。

  • ダナハー社

    2010 年代

    エックスライト社は 2012 年に、ダナハー企業の 1 社となる。

    エックスライト社は、化粧品業界を対象とした装置を発売。消費者の肌の色に完全マッチするファンデーションを見極める「CAPSURE(キャプシュア)」および「 Pantone SkinTone™(パントン・スキントーン)」を開発。

    パントン社の「カラー・オブ・ザ・イヤー」が、ポップカルチャーに参入。2016 年度のカラー「ローズクオーツ」と「セレニティ」の発表がメディアに取り上げられた回数は 20 億回を超える。

    エックスライト社は 2016 年に、基材の外観を測定する革新的な TAC(トータル・アピアランス・キャプチャー)を紹介。

    TAC7(タック7)スキャナー

PANTONE®、PantoneLIVE、その他のPantone商標はPantone LLCの登録商標です。その他の商標は各所有者の商標です。PantoneはX-Rite, Incorporatedの子会社です。Sun Chemical社によりライセンスされています。Sun Chemical社が特許を所有する技術は、製品一貫した、求められる見えに対するデジタル定義のコミュニケーションを可能にします。– [米国特許番号:7,034,960; 7,202,976; 7,268,918; 7,417,764(その他の国にも適用)]。© Pantone LLC, 2018.All rights reserved.