輸送業にインパクトをもたらす「色」

自転車、電車、航空機、バスなどの製造業に対し、ある場所から他の場所へ移動する際のニーズとトレンドが変化してきています。利用者の体験を損なわずに、持続性、アクセス、コスト、安全性を重視した新しい基盤が注目されています。これらの変化に対応する際は、消費者のニーズを優先させることが重要です。 

これは輸送産業に対してどういう意味を持つでしょうか?メーカーやサプライヤーは、消費者の基準を満たす運搬車を生産するチャンスが一回しかありません。不良品が発生した場合は、余分な作業時間が増えてしまいます。 

雑誌「Digital Information World」によると、93% の消費者が製品を購入する際「外見」で決定することが分かっています。これは「色」がどれだけ消費者の行動に影響するか、ブランドイメージを構築する際にどれ程重要になるかを表しています。測色のトータルソリューションとして、トレンドに沿った、また最新トレンドにも迅速に対応する運搬車の測色管理を行います。
 

運搬車メーカー対象のカスタマイズが可能なエックスライト製品:

運搬車の品質管理:

製造工程においてカラー品質を効果的に管理するには、デジタルデータが必要です。分光測色計は品質管理ソフトウェアと併用し、ワークフロー全体において正確なカラーデータをコミュニケーション/管理/評価します。

参考資料

Learn how the MA-5 QC multi-angle spectrophotometer and EFX QC software control color and appearance on bus and train special effect coatings and track data for process improvement.

A color tolerance can ensure consistency and minimize variability. This whitepaper offers tips to select the right color tolerancing method and set a realistic color tolerance.

In this free 10-minute webinar, you will learn why a multi-angle is the ideal spectrophotometer to measure special effect surfaces, like metallic and pearlescent.