Windows®11との互換性 詳細はこちら
What is a Spectrophotometer?

分光測色計によって出力される分光反射曲線は、色の「指紋」と呼ばれています。

分光測色計は色を測定および評価する装置です。ブランドオーナーやデザイナーは本装置を色管理プログラムの一部として使用し、カラーコミュニケーションを行います。一方メーカーは、製造全体において色の精度を監視するために使用します。分光測色計は、液体、プラスチック、用紙、金属、布地など多様な基材を測定でき、デザインコンセプトから出荷まで一貫した色を維持します。


分光測色計の用途

分光測色計は、用途と機能に応じて主に3つのタイプがあります。

0º/45º(または45º/0º)

0º/45º (or 45º/0º) Spectrophotometer 最も一般的な分光測色計で、サンプルに固定された角度(通常45º)から反射光を測定します。人間の目が認識する形式に最も近似する光沢を除去できます。一般的に、スムーズまたはマット表面上の測色に使用されます。

 

積分球

Spherical Spectrophotometer積分球装置は全角度から反射される光を測定し、人間の目が認識する形式に最も近い測定値を計算します。一般的に、テキスタイル、絨毯、プラスチックなどの測色に使用されます。また、メタリックインキ、ホイル印刷、光沢度の高い表面などの鏡面にも適しています。

 

マルチアングル

Multi-Angle Spectrophotometerマルチアングル装置は、私たちが左右に動くようにしてサンプル色を観察したり、サンプルを回転させてあらゆる角度を見たりするような感覚です。今日のマルチアングル装置は、特殊塗装された顔料や、雲母またはパール系などの添加物を含む特殊効果色、マニキュアや自動車塗装などの色を測定します。

分光測色計のサイズは、小さいものから大型ベンチトップ装置まで多様です。


エックスライト社製分光測色計の特徴

分光測色計は正確な色が不可欠となる業界で使用されます。これらの装置は段ボール、洗剤、絨毯、プラスチック部品など、作成された色が指定された色と常に一致することを確認し、無駄な作業時間とコストを排除します。

下記から業界別のエックスライト分光測色計をお選びください。


本ページに紹介される製品

X-Rite eXact Standard, eXact spectrophotometer, exact spectro

eXact スタンダード

用紙・板紙対象の分光測色計

Ci7860 Benchtop Spectrophotometer; Meet Tightest Color Tolerances

Ci7860

高精度な測定

XRite

MA-5 QC

5 角度分光測定