カラーを重視

自動車産業は金融危機による難しい課題に直面しています。一方、自動運転車、超小型自動車、電気自動車などの新しい選択肢に、最新のデザインと塗料・塗装のトレンドに対応することで、業界は安定すると予想されています。困難を「機会」と捉えるためには、自動車メーカーのグローバルサプライチェーン全体において、生産作業を効率化するツールが必要です。

消費者が車を購入する際、色と外観が最も重要な要素であるため、自動車製造業における「正確な測色」は不可欠です。消費者が要求する、複雑な特殊効果を持つ表面仕上げや、緻密なデザインを自動車に反映させるためには、最新型の測色ツールが必要です。エックスライト社の斬新的な測色製品は、ラボから、サプライヤー、塗料販売店、製造現場において、色と外観の全てを管理します。

 エックスライト社の自動車専用測色ツールは、精密で繰り返し精度の高い測色を行います。

60 年を超える実績を持つエックスライト製品は、自動車のバンパーからドアハンドル、シートまで、製造工程全体においてカラー調和を確保します。

各自動車分野に対応

自動車生産

最新型の内装・外装デザインを、快適さと機能性に取り入れることは大きな課題です。適した測色ソリューションは、常に忠実な色を確保します。

自動車デザイン

車体パネル、アクセサリ、新しい塗装システムを問わず、色の開発はプロセス上の重要な一部です。測色は、デザインコンセプトから試作品、最終製品に不可欠な一貫性を提供します。

自動車部品の供給

自動車部品は、最終アセンブリにおける適合性と容認性が不可欠です。カラーを定義、コミュニケーション、監視する精密なカラープログラムは色の調和を確保し、欠陥を排除します。

お問い合わせ/見積もりの依頼/ お問い合わせ  (888) 800-9580