モデル番号: 508

508

生産終了

508濃度計は、プリプレスとプレスルームに最適です。インキ濃度、アミ点、ドットゲインを正確かつ一貫して測定し、高品質な印刷をサポートします。

濃度だけでは不十分な場合

インキフィルムの膜厚や濃度測定は、プリプレスおよびプレスルームにおける品質管理によって左右されます。しかし、濃度だけでは不十分な場合もあります。X-Rite 508分光濃度計はインキ濃度の他に、アミ点、ドットゲインを正確に測定し、印刷物の品質データを出力。メイクレディや印刷時に、必要に応じてその場で調整することが可能です。

分光濃度計「508」には便利なターゲットウィンドウが付いており、測定範囲を迅速に判断します。3つの標準測定範囲、または小型ターゲットにはマイクロスポットの測定範囲を用いて、正確な測定を行います。メニューは複数の言語で操作可能。ユーザーに合わせてカスタム設定が可能です。

利点:

  • 濃度、アミ点、ドットゲインを迅速かつ正確に測定し、印刷工程全体における濃度の詳細データを出力。
  • 大型ディスプレイには、単色、3色、4色の濃度値を表示可能。
  • 測定アパーチャーは、マイクロスポット(1.6x3.2mm)、スモール(2.0mm)、ミディアム(3.4mm)またはラージ(6.0mm)を用意。
  • 保存されている濃度値とクライアント仕様を参照し、印刷出力に濃度調整が必要かどうかを素早く判断。
  • 印刷機、交替時間、作業場所に共通する正確かつ繰り返し精度の高い優れた器差。

堅牢な分光濃度計「508」は、最も厳密なプレスルームの環境にも対応します。ΔE 0.01または通常の印刷工程に1%の優れた器差。複数の印刷機や印刷所、サプライヤー、または顧客と印刷会社間において共通した測定値を出力することが可能になりました。また充電式のバッテリーパックで、装置を長時間使用することができます。

仕様

短期繰り返し精度 - 濃度
0.0 D – 2.0 D: ± 0.005 D*
2.0 D – 2.5 D: ± 0.01 D*
*Polarized Yellow, 0.0 D – 1.8 D: ± 0.01 D
Micro-Spot, 0.0 D – 1.8 D:  ± 0.01 D
光学幾何条件  45°/0°
器差 0.01 D or 1 %
光源 Gas Pressure @ 2856°
測定条件 M0, M2, or M3
測定時間 approx. 1.4 sec
分光分析 DRS Technology, 24 point engine
測定アパーチャー 3.4 mm, 2 mm, 6 mm or 1.6 mm  x 3.2 mm
湿度 30% to 85% RH (non condensing)
操作温度範囲
10°C to 35°C
50°F to 95°F
製品寸法(奥行/幅/高さ)
19.7 cm x 7.6 cm x 8.1 cm
7.8" x 3.0" x 3.2"
重量
1050 g
2.3 lbs.
インターフェース RS-232 serial interface
使用言語 Chinese, English, French, German, Italian, Japanese, Portuguese, Spanish
ソフトウェア開発キット Yes
バッテリー Ni-MH battery pack
ウォームアップ時間 None
濃度範囲 0.0 D – 2.5 D; 0 – 160 % R
濃度基準 Status A, E,  I, T, G, Tx, Ex, Hi-Fi
製品保証 1 year
同梱物 calibration ceference, manual, power supply, carrying case, device certificate
Windows Yes

お薦め

X-Rite eXact Standard, eXact spectrophotometer, exact spectro

eXact スタンダード

用紙・板紙対象の分光測色計


印刷業者・包装印刷業者を対象とする eXact スタンダードは、CMYK とスポットカラーインキを検証する業界トップクラスの分光測色計です。業界のカラースタンダードに準拠するジョブ重視の機能ツールが、印刷機の工程管理を向上。PantoneLIVE と NetProfiler にも接続し、ワークフローにおけるカラー精度を高めます。

Color iQC 品質管理&品質保証

Color iQC

品質管理&品質保証


Color iQC(カラー・アイキューシー)ソフトウェアは工業、塗料、パッケージングなど、多様な業界のサプライチェーンにおいて一貫した色を実現します。