製品のカラー品質を重視する企業は、厳密な数値仕様から逸れることがないよう洗練された装置を使用します。しかしながら、色や色差の適切なビジュアル評価が品質管理プロセスの一部になっていないケースがよくあります。

例えば店内に陳列された製品の色が、出荷前に評価した色の見え方と一致していないというようなことが実際に発生しています。このような場合、店内で使用されている光源と同じ光源で製品の色評価をする必要があります。

適切な光源と目視評価方法をきちんと設定し実施することで、上記のような事例を無くし、製品の競争力をさらに高めることができると考えられます。

カタログのお申し込みは用紙をご記入ください。


XRite

SpectraLight QC

重要なビジュアル評価