3R、リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle) は現在の流行用語ですが、製造工程にどのような影響をもたらすかご存知ですか?

下記は、色管理工程において、持続的生産の努力が最も無駄になっている3つのケースです。

Sustainable_Manufacturing_1

 

工程全体において色を監視しなければ、やり直し作業や原材料の無駄につながり、コストが上昇します。

 

Sustainable_Manufacturing_2

 

着色剤の不正確な調色:着色剤を使いすぎていませんか?残量を無駄にしていませんか?

 

Sustainable_Manufacturing_3

 

カラーサンプルを何度も送り直し、承認作業が長引くと、事業のカーボンフットプリントに悪影響を及ぼします。

 

持続性を維持することは、事業のニーズを考慮すると共に、今後の世代に対する環境保護も意味します。エックスライト社は、皆様の持続的生産を応援します。環境を配慮した製造工程は、地球の環境保護だけでなく、経費の削減にもつながります。

Sustainable_Manufacturing_Poster_X-Rite

何から始めればいいでしょうか?

持続的生産への取り組みと、改善の余地を認識するために、オンライン用紙を入力してください。

持続的生産を応援するポスターをダウンロード

持続的生産を実現する4つの方法

測色装置、調色、品質保証ソフトウェア、デジタルエコシステム、色と外観のテクノロジーは、グリーン環境に貢献します。

グリーン環境

お問い合わせ/見積もりの依頼/ お問い合わせ  (888) 800-9580