印刷とパッケージングに適した分光測色計

Choosing the Right Spectrophotometer for Print and Packaging

積分球 vs. 45°:どちらを選択すべき?


反射表面とメタリックインキは、パッケージングや印刷用途への人気が高まってきていますが、一貫した測色が困難です。測定オプションを十分に把握することで、印刷業者およびパッケージング・コンバーターは適したソリューションを選択でき、正確で一貫した色をサプライチェーン全体で確保できます。本白書では、積分球分光測色計および45°分光測色計を比較し、使用目的に合わせて選択する方法を説明しています。

カタログのお申し込みは右の用紙をご記入ください。

白書をダウンロード

cta-bubble

* = 必須事項(ダウンロードは本ページからご利用いただけます。その他のお問い合わせは info@xrite.co.jp までご連絡ください。)

必須事項
必須事項
有効なメールアドレスを入力してください。
このフィールドには数字のみを入力してください。
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項

お問い合わせ/見積もりの依頼/ お問い合わせ  (888) 800-9580