Windows®11との互換性 詳細はこちら

窓とドアの色を正確に評価・管理するには

窓やドアの生産には「色管理」が極めて重要な要素となっています。その理由は、ビルや住宅内の全ての窓やドアの色が一致し、忠実な色を長年にわたり維持するためだけではありません。数年後に交換の必要が発生した際に、オリジナルの色と一致する必要があるからです。

課題

住宅や商業ビルは長年の使用に向けて建築されています。一方、耐久性に優れ、いつの時代にも飽きのこないクラシック色をドアや窓に確保するのは困難です。

  1. 受け入れ基材が変動すれば、最終色にも影響します。
  2. 基準色の色見本を使用した視覚評価では、照明が一定していなければ、色を正しく判断することができません。
  3. テクスチャまたは光沢のある表面は、極めて厳密なカラー許容値を用いて、全ての部品の色が組み立て時に一致していなければなりません。
  4. 複数のサプライヤーや異なる現場において、常に同じ色を再現する必要があります。

解決法

窓やドアの色を管理するには、建築資材の品質も管理するトータルソリューションが必要です。すなわち、色と見えの効果を表す現物のカスタムサンプル、視覚評価用の標準照明が備わった照明装置、正確な分光データを出力する分光測色計、品質とトレンドを比較/監視する品質管理ソフトウェアなどです。

結果

窓やドアの生産から欠陥品を排除

  1. 間違った色が作成されないよう、色が変動した基材を事前に認識・拒否
  2. 分光データを取得し、主観的な視覚評価を排除
  3. 正確な基準色と比較し、基準色に準拠する色を確保
  4. 複数の現場に明確な予測を立て、装置のパフォーマンスを検証

使用法窓とドアの色を評価・管理 | エックスライト社のソリューション

多くの窓やドアの生産では、実際の色見本を用いて仕様を共有し、製造サンプルの品質を評価します。一方、色と見えを忠実に再現するには、実際のカラースタンダードの色だけでなく、光沢やテクスチャなどの特殊効果も再現する必要があります。サンプルと基準色を照明装置の下で比較し、ショールームや屋外・家庭の異なる照明下においてカラー変動が発生しないよう検証します。

 

目視評価は重要ですが、積分球分光測色計を使用することでカラー許容値を数量化し、偏った評価を防ぐことができます。ベンチトップモデルはデジタルスタンダードを作成し、受け入れ色が許容範囲内に収まることを確認します。ポータブルハンドヘルド装置は、納入時や顧客先、耐久性をチェックするテストセンターにおけるカラー評価に適しています。

品質管理ソフトウェアは、正確なカラーデータをサプライヤーと共有し、測定時に許容値の合否判定を的確に行います。品質保証ソフトウェアはワンランクアップされた方法でカラートレンドに対応。異なる現場において同一の色が生産されるよう、各現場で使用されている全ての分光測色計のパフォーマンスを監視、最適化、確認します。

注目製品

窓とドアの色を評価・管理 | エックスライト社のソリューション

 

Munsell Custom Color Standard(マンセル カスタムカラー スタンダード)

色、テクスチャ、光沢をリアルに再現するカラーターゲット。最終生産時の視覚評価を行います。

 

 

Ci7800(シーアイ 7800)

 

Ci7800(シーアイ 7800)

受け入れ基材を測定し、仕様に準拠するかどうかを検証するベンチトップ分光測色計

 

Ci64(シーアイ 64)

 

Ci64(シーアイ 64)

現場またはラボにおいてスポット測定を行い、耐久性テストにおける色の安定度を評価し、また交換用部品に正確な色を指定するポータブル分光測色計です。

 

Color iQC(カラー・アイキューシー)

 

Color iQC(カラー・アイキューシー) 

分光データを比較・評価し、トレンドを監視する品質管理ソフトウェア。全ての作業現場で色が一貫するよう、サプライチェーン全体を管理します。

 

SpectraLight QC(スペクトラライト・キューシー)

 

SpectraLight QC(スペクトラライト・キューシー)

複数の標準光で視覚評価のカラーマッチングを行う照明装置。

 

NetProfiler 3(ネットプロファイラー・スリー)

 

NetProfiler(ネットプロファイラー)

現場・作業場で使用する全ての測定装置が、許容範囲と仕様に応じて機能していることを検証する品質管理ソフトウェア。

 

優れた調色 

エックスライト社のトータルカラーソリューションは、ビル・住宅の全ての窓やドアの色をカラーマッチングし、長年において忠実な色を維持します。