Apache Log4j2 の脆弱性対策 詳細はこちら

小型・変形サンプルのプラスチック色を評価するには

射出・成型プラスチックには、測定が難しい表面に対応するソリューションが必要です。一般的な装置は、平面やほぼ平面のサンプル、またはアパーチャーのサイズに収まるサンプルを測定します。MetaVue VS3200 分光測色計は、プラスチックの多様なサンプルの非接触測定を正確に行い、無駄を排除。承認サイクルを短縮します。

チャレンジ

小型、曲線、不均一なプラスチックを正確に測定するには、何らかの変更が必要となります。

解決法

MetaVue VS3200 はサンプルの測定位置に合わせて伸縮自在なポジショニング機能と 2mm~12mm のアパーチャーサイズを用いて、多様なプラスチックのサンプルを接触せずに測定します。Color iQC のデジタルターゲットおよびディスプレイ表示の機能は、コードやキャップなど曲線がある小型プラスチックの精密な位置合わせを行い、再現性に優れた分光データを出力します。

MetaVue VS3200 は、分厚いサンプルの測定をサポートする調整スタンド、サンプルアームで測定サンプルを固定するベンチトップ台などのアクセサリを使用し、多様なサンプルの形状・サイズに対応します。MetaVue VS3200 は、調色ソフトウェアの「Color iMatch」や「Color iQC」、 パフォーマンスの最適化を行うソフトウェア「NetProfiler」にスムーズな対応を発揮します。

結果

MetaVue VS3200 はカラーデータを精密に測定し、高い投資対効果を短期間で実現します。

仕組み

Metavue Plastics 01

Metavue Plastics 02

Metavue Plastics 03

  1. サンプルを MetaVue VS3200 の下にセットします。または、測定用のアクセサリ製品を使用します。
  2. Color iQC ソフトウェアから MetaVue のターゲット表示を使用し、測定サイズ(2mm~12mm)を調整します。
  3. 一般的な分光測色計のように全ての可視色を平均化するか、またはスマートスポット機能で測定スポットを的確に選択するよう設定可能です。これにより、全てのピクセルが評価され、シャドーや色の一部ではない部分が排除されます。
  4. 測定を実行し、ディスプレイ表示、測定データ、グラフを確認し、サンプルが許容範囲内にあるかどうかを判断します。
  5. Color iQC から測定データを搭載するジョブを作成すると、作業場所や測定手順を共有可能になります。
  6. 実際の測定を画像を、監査用データを自動記録する測定設定と共に保存します。
 

注目製品

MetaVue VS3200

MetaVue VS3200

ターゲットのデジタル表示機能が備わった、非接触式のベンチトップ型分光測色計。2mm~12mmのアパーチャーサイズを用いて、コード、ボタン、キャップ、曲線がある小型プラスチックなど、多様なサンプルに対応します。

 

Color iQC

Color iQC

MetaVue VS3200 と併用し、測定スポットを的確に認識。測定値が許容範囲内にあるかどうかを判断し、画像サンプルと設定記録を保存する品質管理ソフトウェアです。

 

Color iMatch

Color iMatch

MetaVue VS3200 と併用し、様々なプラスチックの用途に対する着色剤を調色し、調色データベースを作成するソフトウェアです。

 

NetProfiler

NetProfiler

クラウドベースのソフトウェアとカラースタンダードが一体化し、測色装置のパフォーマンスを検証します。精度が変動した場合は NetProfiler が装置を調整し、器差に準拠するる測定値を確保します。または修理が必要となる場合は、メッセージを表示します。

 

MetaVue VS3200 Adjustable Stand

MetaVue VS3200 用の高さ調整対応スタンド

測定サンプルに合わせて VS3200 の高さを調整可能。多様なサンプルを測定する環境において万能な機能を発揮します。

 

MetaVue VS3200 Benchtop Stand

MetaVue VS3200 用のベンチトップスタンド

測定時に、小型・非平面のプラスチックサンプルを固定するサンプルアームを用いて、MetaVue VS3200 をベンチトップ分光測色計として使用します。

 

優れた調色

MetaVue VS3200 分光測色計および Color iQC ソフトウェアを併用し、精密な非接触測定を行い、プラスチック製品が許容範囲に収まることを検証。無駄を排除し、承認サイクルを短縮します。