Windows®11との互換性 詳細はこちら

ホワイトバランスとは?

照明は様々な品質やカラーに影響を及ぼします。 昼光は青みから黄みにわたります。 人工屋内照明は暖色で黄みのタングステン照明から、職場や店内における蛍光灯のような緑みの色相があります。 人間の目はこれらの異なる光源色を上手く補正するように、無意識にカラーに対する知覚を調整します。 一方、カメラは照明をそのままに認識するため、わずかな変動が問題になってしまいます。

フィルムを使用する場合、特定のフィルムタイプを選択したり、あるいはレンズのフィルターを変更したりして、白やグレーが実際の色に撮影されるように操作する必要があります。 また、場合によっては、フィルターを使用して温調を画像に人工的に追加することもありました。 このプロセスが「ホワイトバランス」と呼ばれています。

デジタルカメラでのホワイトバランス作業は簡単ですが、完全ではありません。 ほとんどの場合、タングステン、蛍光、昼光、フラッシュ、曇り、陰などのホワイトバランス設定が事前に備わっています。 この設定は平均化されているため、必ずしも実際に撮影される照明を表現するものではなく、ミックス・ブレンド照明を容易に、また、正確に表現できません。

デジタルカメラを箱から出してそのまま使用する際、「自動ホワイトバランス」は環境光のカラーを上手く修正しているように見えます。 しかし例えば、カメラは暗い照明下でホワイトバランスを正確に選択できないため、色かぶりが発生する場合があります。

ColorChecker Passport のホワイトバランスターゲットは、全ての編集作業に対するスターティングポイントを準備し、正確なカラーを確保するための時間と努力を省きます。 さらに、カメラのプレビュー機能とソフトウェアのヒストグラムをより正確に判断します。 もし ColorChecker Passport などのターゲットがなければ、時間をかけて一つ一つの画像を手動で修正することになります。

下記をクリックして写真ワークフローの詳細をご覧ください。