ピンアウト:962 / 964および939

エックスライト社は、962 /964および939シリーズシャシに10回路RJタイプ雌コネクタを設置しています。
ピン #1 は本体を真っ直ぐにした状態で一番左にあります。
回路 #機能
1通常は未使用 (バーコードリーダーには+5v @ 50 ma)
2TXD (転送データ)
3RXD (受信データ)
4DTR (データターミナルレディ)
5CTS (消去から送信)
6+12vun (I/Oケーブルで充電される場合に使用)
7+12vun (I/Oケーブルで充電される場合に使用)
8充電器グラウンド (I/Oケーブルで充電される場合に使用)
9GND(デジタルグラウンド)
10NC(未使用)
送信のみの通信(IBM)に対する最少のワイヤリングは次の通りです。
X-Rite (10c/RJ45)IBM 9Pin (DB9p)IBM 25Pin (DB25p)
2 X'mit data2 Rec'd data3 Rec'd data
9 Digi Ground5 Digi ground7 Digi ground
多くの機器は何らかのハードワイヤハンドシェークを必要とします。全ての機器は +8 ボルトシグナルをライン 4 (DTR ) を提供し、受信側のハードワイヤハンドシェークライン (通常は CTS) に接続可能です。DTRは起動時および測定時に下がり、データを受け取る準備が完了していないことを受信側に通知します。同様に、各ユニットはライン 5 (CTS) のモニタリングを行い、受信側でデータを受信する準備ができているかどうか確認します。追加のワイヤリングが必要であれば、次のさらなる詳細をご覧ください。
X-Rite (10c/RJ45)IBM 9Pin (DB9p)IBM 25Pin (DB25p)
2 X'mit data2 Rec'd data3 Rec'd data
4 DTR handshake6 DSR5 CTS
5 CTS/Busy handshake7 RTS20 DTR
9 Digi Ground5 Digi ground7 Digi ground
双方通信を行うには、1つ以上のワイヤを追加することが可能です。例:
X-Rite (10c/RJ45)IBM 9Pin (DB9p)IBM 25Pin (DB25p)
2 X'mit data2 Rec'd data3 Rec'd data
3 Rec'd data3 X'mit data2 X'mit data
4 DTR handshake6 DSR5 CTS
5 CTS/Busy handshake7 RTS20 DTR
9 Digi Ground5 Digi ground7 Digi ground
もし Pin5 がOFF (機器の I/O 設定) の場合、機器はハンドシェークラインをコンピュータやプリンタなどからのハンドシェークラインをモニタリングできません。ほとんどのプリンタでは、これはデータオーバーフローとなります。このハンドシェークは、ほとんどのコンピュータに必要ありません。Macintoshには、次のインターフェースが、双方ハンドシェークをもつフル、双方向ソリューションを表します。
X-Rite (10c/RJ45)Macintosh (8pin/DIN)
2 X'mit data5 RxD- Receive data (minus)
3 Rec'd data3 TxD- Transmit data (minus)
4 DTR Handshake Out2 HSKi/Clock Handshake In
5 CTS Handshake In1 HSKo Handshake Out
8 Charger Ground8 RxD+ Receive data (plus)
9 Digi Ground4 Digi ground
上記の説明は、エックスライト社のパーツ番号 SE108-79 インターフェースケーブルと電気的に等しいものです。

お問い合わせ/見積もりの依頼/ お問い合わせ  (888) 800-9580