Windows®11との互換性 詳細はこちら

カメラ搭載ホワイトバランスの設定法

画像品質はバランスで決まります。 ホワイトバランスをカスタム設定することで、色かぶりを補正調整しながらカメラが捉えるわずかなカラーシェードを維持します。

JPEG または TIFF ワークフローを使用する場合、正確かつニュートラルなカラーを確保するには、撮影前にカメラでホワイトバランス作業を行います。 カスタムホワイトバランスがないと、ホワイトバランスのエラーを改善することができません。

カスタムホワイトバランスが特に Raw ワークフローに効果的である理由は、同じ照明下の撮影で、いつでもターゲットを撮影することができるからです。 カメラにホワイトバランスを設定することは必ずしも必要ではありませんが、そうすることで、カメラ搭載ディスプレイのプレビュー機能の改善、作業後のカラー編集の高速化、ソフトウェアのより正確なヒストグラムの表示に効果的です。 さらに画像の一貫したホワイトポイントにより、各画像のホワイトポイントを個別に変更する必要がないため、編集時間を削減することができます。

カメラのホワイトバランスの設定は実際のカメラによって異なります。 詳細手順および撮影されたターゲットの画像内で必要な大きさを把握するには、カメラの説明書をご覧ください。