Apache Log4j2 の脆弱性対策 詳細はこちら

SpectroEyeのデータがiQC/iMatchで正しくありません。

SpectroEye装置をColor iQCまたはColor iMatchソフトウェアと使用する場合、ソフトウェアに間違った測定値が送信される状況があります。これはSpectroEye装置をスタンドアロン形式(ソフトウェアに接続されていない状態)で、次を測定する際に発生します。
アミ点%
ドットゲイン
トラッピング
基材に対して測定値を使用するその他のモード
この問題を修正するには、SpectroEye装置をCIELabまたはその他の絶対的色空間に切り替えてください。