PCでキャリブレーションが途中で止まる/パッチ測定が遅い

Windowsを使用していてキャリブレーションやカラーパッチの測定で問題が発生する場合,コンピュータのパフォーマンス設定を変更することでスピードを著しく改善することができます.Windows XPやWindows VISTAでは,しばしばメモリーの問題が発生します.特に, 実装メモリーが少なかったり,フォトショップのようなアプリケーションがバックグランドで動作している場合には顕著です.また,Windows VISTAでは,GUIとひてAero(エアロ)モードが走っている場合もコンピュータのスピードに影響します.典型的な例としては,ColorMunkiやi1のキャリブレーションに異常に長い時間(秒ではなくて分のオーダーで)がかかってしまいます.機器のキャリブレーションやターゲットパッチの測定が完了できない問題が発生した場合,以下の手順でコンピュータのパフォーマンス設定を変更してみてください.

Windows Vista -

  1. コントロールパネルを開きます.
  2. システムアイコンをクリックします.
  3. 左エリアのタスクからシステムの詳細設定を選択します.
  4. システムプロパティーの画面からパフォーマンスの設定ボタンをクリックします.
  5. 視覚効果から「パフォーマンスを優先」をチェック,適用,OKをクリックします.
  6. 必要に応じてカスタムから必要な項目を選択してください.

Windows XP -

  1. コントロールパネルを開きます.
  2. システムアイコンをクリックします.
  3. 詳細設定タブのパフォーマンスから設定ボタンをクリックします.
  4. 視覚効果から「パフォーマンスを優先」をチェック,適用,OKをクリックします.
  5. 必要に応じてカスタムから必要な項目を選択してください.

 

お問い合わせ/見積もりの依頼/ お問い合わせ  (888) 800-9580