Windows®11との互換性 詳細はこちら

光沢ディスプレイのキャリブレーションおよびプロファイル作成

光沢膜のLCDディスプレイは、普通のディスプレイと同様にプロファイルを作成することができます。測定器を必ずディプレイと平面になるように設定し、ディスプレイからのグレアがキャリブレーションの結果に影響を与えないようにしてください。

スクリーンにグレアが多すぎる場合、環境光をできるだけ下げてください。これによりカラービジョンの精度が改善され、ほとんどの場合において見やすくなります。