モデル番号: axf001

AxF™(アピアランス・エクスチェンジ・フォーマット)

エックスライト社の新しいデジタルファイル形式「AxF」は、 測定されたデジタル外観を編集可能な一つのファイルに保存する独立型システムです。

エックスライト社は複雑な外観データの測定・管理が難しかった原因を追求し、ビジュアル表現プロセスを承認するための外観データを編集可能な一つのデータにまとめました。

デジタル外観データはシステムに依存してきました。基材やシェーダーは表面の外観と3D物体の反射要素を表現しますが、システムに依存するシェーダーと言語によって作成されたものです。ほとんどの商業用システムは独自のモデルと仕様を使用するため、交換・変換が難しくなっています。また複雑な生産ワークフローの多くも、使用するソフトウェアパッケージに依存しているのが実情で、それに並行して異なる形式を使用する必要があります。一方これは、一貫した色、画像、光沢を実現する際に深刻な問題が生じます。

この問題を解決するには、複雑なビジュアル外観を保存/コミュニケーションするために標準化された表現方法が必要です。AxFが開発されるまで、測色が画像の外観に対する形式は存在しませんでした。その結果、基材と表面の仕上げは実際のサンプルを用いて、使用度、適用性、普遍性などがコミュニケーション/管理されていました。

AxFはバイナリーデジタルファイル形式で、次の特性を示す標準化された外観を表します。

  • 一つのスペクトラムからまで測定幾何学に制限されない。
  • 外観表現を継続的にサポート:パラメーターのBRDFモデルのように、なおかつBTF測定の分離されたサンプルのように処理。
  • 計測可能:ギガバイトまたはそれ以上の大量データに効率的にアクセス。
  • 下位互換性:他社製アプリケーションの既存のサポート機能を損ねることなく、追加内容を定義可能。
  • 携帯性:WindowsおよびLinux OSにSDKを用意(Mac SDKは現在開発中)。既存のワークフローへの導入が簡単。
  • 互換性:基材表現セットが付属。既存のSVBRDFベースのワークフローと互換性を発揮。

AxF™はTAC™エコシステム(トータル アピアランス キャプチャー)の基盤となるコンポーネントです。AxFファイルは、TACエコシステムのコンポーネント間においてデジタル基材を定義、保存、転送し、ビジュアル表現を作成、保存、編集、コミュニケーションします。下記は一般的なTACワークフローです。

  • 実際のサンプル基材が測定され(TAC7スキャナーまたはエックスライト社のスキャニングサービスを使用)、極めて現実的で正確なデジタル仕様をAxF形式で作成。
  • PantoneLIVEクラウドやPantone® シルク(iOS用のモバイル装置専用デジタル基材カタログ)などのデジタル基材カタログから、既存のAxFファイルをアクセス可能。
  • AxFファイルはPANTORA™デジタル基材ハブに保存・管理された後、デジタル基材再現システム、エックスライト社のバーチャル照明装置、Autodesk VREDやNvidia Iray® などの他社製3D再現システム(プラグインのインテグレーション)に配布可能。

AxFおよびTACエコシステムに関する詳細は、こちらまでお問い合わせください

サポート

ソフトウェア: See All Support

トレーニング

オンラインセッション: See All Training

お問い合わせ/見積もりの依頼/ お問い合わせ  1.800.248.9748