新しいバージョンのSnow Leopardをインストールした後に気を付けるべき内容

i1Matchなどのプログラムは、管理者の権利や読み取り・書き込みの権利が誰にあるかをコンピュータが認識することに依存します。この設定はOSの更新時に変更することが可能で、i1Matchが正常に動作しない時があります。

Apple社は、OSの変更時(例:10.6から10.6.1に更新)にAppleユーティリティフォルダからディスクユーティリティを起動し、ブートハードディスク(上のライン)のディスク許可を修復することを推奨しています。

このラインを選択すると、ディスク許可の修復ボタンが有効になります。 ボタンをクリックして開始します。

Macを再起動すると、アプリケーションの読み取り・書き込み許可が修正されます。

お問い合わせ/見積もりの依頼/ お問い合わせ  (888) 800-9580