イルミナントの説明

イルミナントとは仮想的な光源の数学的表現で、分光測定からの三刺激値の計算に使用されます。 数値は可視スペクトルの各波長における仮想的な光源の相対エネルギーを表します。 実際の光源の相対エネルギーの配布は計算に使用できますが、実際の光源を標準化するのは難しくなっています。

イルミナントA: タングステンハロゲン(白熱光)の数学的表現。 色温度: 2856K。 メタメリズムの検証に使用できます。 家庭や店内の照明を再現します。

イルミナントC: フィルターを使用するタングステンハロゲン(昼光)の数学的表現。 色温度: 6770K。 メタメリズムの検証に使用できます。 CIE 平均昼光を再現します。

イルミナントD65: 平均北空昼光の数学的表現。 色温度: 6,500K。 用途はカラーの一般評価、メタメリズム検証、分光測色計の値に対するビジュアル関係、ヨーロッパおよび日本の規準の準拠対応です。 平均北空昼光を再現します。

イルミナントSPL(D65): SpectraLight(昼光)に見られる、エックスライト社が特許を持つ、フィルターを使用するタングステンハロゲンの数学的表現。 色温度: 6,500K。 用途は重要なカラーの評価、メタメリズム検証、分光測色計の値に対するビジュアル関係、ヨーロッパおよび日本の規準の準拠対応、現在の自動車基準との一致です。 平均北空昼光を再現します。

イルミナントD50: 日中光の数学的表現。 色温度: 5,000K。 用途はグラフィックアーツ業界におけるカラーの一般評価、メタメリズム検証、カラー均一性と品質の評価です。

イルミナント F2(CWF-2): 米国で使用される商業用のワイドバンド蛍光(寒色蛍光)の数学的表現。 色温度: 4,150K。 メタメリズム検証などの用途を含みます。 米国における職場や店内の照明を再現します。

イルミナント F7(DLF-7): 米国で使用される商業用のワイドバンド蛍光(デラックス)の数学的表現。 色温度: 6,500K。 メタメリズム検証などの用途を含みます。

イルミナント F11(NBF-11): 米国で使用される商業用の狭帯域蛍光(デラックス)の数学的表現。 色温度: 4,000K。 メタメリズム検証などの用途を含みます。 米国ではTL84に相当します。

イルミナントTL84: ヨーロッパおよび太平洋地域で使用される商業用の希土類蛍光体、狭帯域蛍光の数学的表現。 色温度: 4,100K。 メタメリズムの検証に使用できます。 ヨーロッパおよび太平洋地域における職場や店内の照明を再現します。

イルミナント F12(イルミナントU30): 商業用の希土類蛍光体、狭帯域蛍光の数学的表現。 色温度: 3,000K。 メタメリズムの検証に使用できます。 Sears デパート店内の照明を再現します。(USA TL83に相当)

イルミナントTL83: ヨーロッパおよび太平洋地域で使用される商業用の希土類蛍光体、狭帯域蛍光の数学的表現。 色温度: 3,000K。 メタメリズムの検証に使用できます。 ヨーロッパおよび太平洋地域における職場や店内の照明を再現します。

エックスライト製ソフトウェアおよびハードウェアが再現するその他のイルミナント:

イルミナントD75: 北空昼光の数学的表現。 色温度: 7,500K。 用途はカラーの一般評価、メタメリズム検証、ASTM D1729に説明される不透明素材のビジュアル評価です。 北空昼光を再現します。

イルミナントSPL(D75): SpectraLight(昼光)に見られる、エックスライト社が特許を持つ、フィルターを使用するタングステンハロゲンの数学的表現。 色温度: 7,500K。 用途は重要なカラーの評価、メタメリズム検証、ASTM D1729に説明される不透明素材のビジュアル評価です。 北空昼光を再現します。

イルミナントSPL(HOR): SpectraLight(日没光)に見られる、タングステンハロゲンの数学的表現。 色温度: 2,300K。 メタメリズム検証などの用途を含みます。 日の出および日没を再現。

イルミナントTL85: ヨーロッパおよび太平洋地域で使用される商業用の希土類蛍光体、狭帯域蛍光の数学的表現。 色温度: 5000K。メタメリズム検証などの用途を含みます。 ヨーロッパおよび太平洋地域における職場や店内の照明を再現します。

お問い合わせ/見積もりの依頼/ お問い合わせ  (888) 800-9580