「忠実な色」の測定:正反射除去(SCE)または正反射込み(SCI)を使用した方がいいですか?

これは難しい質問です。 まずは「忠実」を定義してみましょう。 ホワイトベースにいくつかの顔料を配合値通りに混合したとします。 この配合値は 100% 不透明の塗料を作成します。 次に、塗料をテスト用パネルにスプレー塗装します。 1つのパネルでは、最終「外観」の光沢がかなり高くなっています。濡れた塗料はスムーズで鏡のような表面に乾燥しています。 もう1つのパネルでは、乾燥した粉末状の表面に見えます。

同じ塗料、配合値、素材であっても、塗布方法が異なるのです。

管理された照明環境でこの2つのパネルを視覚的に比較した場合、観測者は何を認識するでしょうか? 通常、スムーズで光沢のあるサンプルは、粉末状の乾燥したサンプルよりも濃く豊潤に見えます。

ここでの「外観差」は色ではありません。 これらのパネルは同じ塗料で塗られており、配合値にも違いはありません。 差は外観要素である「光沢」にあります。

質問に戻りましょう。 「忠実な色」を測定する際、どの測定モードを使用するべきですか? 業界で容認されているのは正反射光込み(SCI)です。 反射光、正反射光、拡散の全てを収集するように積分球機器を設定すると、サンプルが鏡のような外観かマット仕上げの表面になっているかはほぼ関係ありません。 「最終色」は配合値のみに管理されます。 このため、マッチングを行うには配合値を調色する際に SCI を使用するのが標準となっています。

これはラボにおいては道理にかなっていますが、品質保証では引っ掛かることがあります。 最終製品の光沢と粉末状の例を見てみましょう。 あるメーカーが垂直式のツール収納ケースを製造します。 左側のドアは社員「A」さんによって塗装され、濡れたような状態の表面に仕上がります。 右側のドアは社員「B」さんによって塗装され、乾燥した状態の表面に仕上がります。 この製品は消費者に気に入ってもらえるでしょうか? 恐らく無理でしょう。 輝きのある濃い色のドアと、風雨にさらされたようなドアが付いているのです。 中古、損傷のある、修理済みの製品に見えるでしょう。

積分球を SCI モードで使用していれば、2つのドアの「色」は同一であると主張できます。 しかし、そのように見えないのです。 2つのドアをどのように観察しても異なって見えます。

正反射を除去した測定値(SCE)を入力してください。 外観の正反射要素に光沢があり、2つのパネルの光沢がはるかに違う場合、光沢を無視・除去する測定値は変化にかなり敏感です。 明確に言うと、配合値は光の総吸収と反射(「色」)を管理し、濡れた、あるいは乾燥した外観を問わず X% となっています。 このため、表面の光沢が多ければ多いほど SCE 機器のオプチクスレシーバーに戻る X% がより少なくなります。 表面が完全な鏡状態(100% の光沢)であると、「忠実な色」は問わず、表面が純粋な黒に見えます。

結果: ラボにおける配合値は、「忠実な色」の SCI を常に使用します。 製造過程における品質管理には、「外観」測定の SCE に偏った混合を使用します。

お問い合わせ/見積もりの依頼/ お問い合わせ  (888) 800-9580