Apache Log4j2 の脆弱性対策 詳細はこちら

カラーiQC / カラーiMatch

カラーiQCの新バージョンは2010年12月中旬にリリースされました。 更新は、測定データを新しいXRGAスタンダードに変換するオプションを含みます。[現在の“モデルD”の変換機能と似ています。] この変換は、旧スタンダードに対して測定される装置のデータにのみ適用します。 すでにXRGAに対応しているデータは対象となりません。 さらに、エックスライト社のカラーiQc/カラーiMatchは、装置が新しいスタンダードに対してキャリブレーションされており、データを適切にタグ(または明示)しているかどうかを認識する機能を備えています。