Color iQC、Color iMatch でエックスライトのポータブル機器から出力される不良データ

Color iQC または Color iMatch をエックスライト社のポータブル機器(SP62、SP64、962、964)と使用する際、機器の言語が英語以外に設定されている場合は、コンピュータに送信される分光データにピリオドを使用するよう機器を設定する必要があります。 この設定を変更するにはハイパーターミナルを実行してください。

  1. SP62、SP64、962、964 をコンピュータに接続します。

  2. SP62、SP64、962、964 の設定言語を変更します。

  3. ハイパーターミナルを実行します。(「hypertrm.exe」を開始して実行します。)

  4. ハイパーターミナルを次のように設定します。

    • ボード: 9600
    • データビット: 8
    • パリティ: なし
    • ストップビット: 1
    • フロー制御: なし
  5. コマンド 0022CF を大文字で入力し、エンターキーを押します。[注記:入力文字は画面に表示されません。]

  6. 修飾子「MP」を大文字で入力し、エンターキーを押します。

  7. ハイパーターミナルを終了します。

これで Color iQC と Color iMatch に必要な形式で分光データが機器から送信されるようになります。 機器のリセットはこのオプションをキャンセルします。

お問い合わせ/見積もりの依頼/ お問い合わせ  (888) 800-9580