カラーコミュニケーションの課題と向き合うには

クリエイティブ作業を行うほとんどの人は、期待通りの色を実現するために、あらゆる色見本、カラースタンダード、プルーフを使用してきたことでしょう。しかし努力を重ねた上でも、期待色と実際に出力された色とでは若干ギャップが生じます。

実際の色見本と目視用カラーターゲットは、問題の半分に対応します。カラー精度の戦略を考える目視用コミュニケーションツールとしての役割を果たすことです。しかし問題となるのは、異なる印刷・パッケージングのサプライヤー間において一貫した色を維持することです。

深淵を越えて、正確かつ一貫した色を確保するには、数値によるカラーコミュニケーションが不可欠です。PantoneLIVEを始めとする、クラウドベースのデジタルシステムなら安心です。

ブランドオーナーやデザイナーは、普段使用するPantoneカラーを指定可能。それを「PantoneLIVEカラー」として指定することで、段ボール箱や包装紙など用途別にプレビュー表示ができます。これを事前に行うことで生産コストを抑えることが可能です。

実に簡単な作業です。PantoneLIVEは常に同一のデータを使用します。印刷工程や基材によって色を再現できるため、勘に頼った試行誤差がなくなり、コストの削減にもつながります。

活用法はとても簡単です。

PantoneLIVEの無償ダウンロードはこちら:デザインから生産まで安定したカラーコミュニケーション。

カラーコミュニケーションの簡素化を図るPantoneLIVEの実例をご覧いただけます。デザインから生産過程まで、一貫かつ正確な色を実現します。

PantoneLIVEをデザイン過程に取り入れ、一貫したブランド色を確保する方法をご紹介します。

白書をダウンロード

cta-bubble

* = 必須事項(ダウンロードは本ページからご利用いただけます。その他のお問い合わせは info@xrite.co.jp までご連絡ください。)

必須事項
必須事項
有効なメールアドレスを入力してください。
このフィールドには数字のみを入力してください。
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項
必須事項

お問い合わせ/見積もりの依頼/ お問い合わせ  (888) 800-9580